生き残りをかけて
海外

日本の中の消費は、少子高齢化で人口の増加ではなく減少方向に向かっていますし、経済も高度成長期を過ぎ、経済市場も熟しています。
そんな中、様々な業界の企業の目は、海外に向いています。

日本の人件費の高さにより、少しでもコストを下げたい製造業は、製造拠点を日本から日本よりも人件費が安くて品質に問題のない国へとシフトしていっています。
また、日本企業は、優秀な会社の買収を海を越えて行っています。
そのため、サラリーマンは日本のみならず、海外へのへ赴任することも増えてきています。
家族帯同や単身赴任など様々なケースがあります。
そして、サラリーマンの赴任に必要なのは、引越しです。
そんな海外への引越しを行っている業者の今後の動向について予測したいと思います。
今以上に、海外に赴任するサラリーマンは増えていきますので、引越し業者は、今後受注が増えることとなることでしょう。
さらに、様々な国へ進出するのうになると、引越し対応が可能な国を増やす必要もあります。

ただ、家具や服などを運べば良いだけではありません。
国によって法律が異なり、引越しの際、持ち込めないものもあり、それらの法律も熟知しなければなりません。
そこためそれらの知識も優れたものでないといけません。
それらの法律を熟知することで、対応国が今後、どんどん増えることとなることでしょう。
サービスも向上しなければ他社との競争も激化し、サービス力の高い会社が活き残る時代となることでしょう。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031